緑風庭 〜第一章〜時季の庭 四季のかげを追い続けて…

福井市 古木を守る透かしの竹垣〜金閣寺垣

hcn7dg1vi

寺院に施工しました竹垣をご紹介します。

大切にされてきた枝垂れ桜の古木の根を守るため、周囲を大きく囲う透かし垣を作りました。
立子を支える胴縁は用いず、上に太い笠竹をかぶせて玉縁としています。

本歌の竹垣は京都・鹿苑寺の金閣寺垣で、舎利殿・金閣から茶席の夕佳亭(せっかてい)へ向かう途中、滝横の山手に登る石段の両側に設けられています。

この垣根は足元垣(背の低い垣根)の代表と言われ、向こうの景色を透かし見ることができるため圧迫感がなく、かつ、安易に人が踏み込むことを防ぎます。


 
緑風庭 〜第一章〜時季の庭 四季のかげを追い続けて…

〒919-0312 福井県福井市東大味町19-6